軽井沢デジタルライフ

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

横浜!

浜っ子だった自分にとって、やはり横浜は大好きな町。
行く時はいつでも、何だか心が躍ります。
子どもの頃から住んでいた町なので、改まって写真を撮る機会もなかったなあと。
コンデジひとつ持って、ぷらっと撮りながら散歩してみました。

関帝廟!
b0168752_20442548.jpg


マリンタワー!
b0168752_2045205.jpg


氷川丸!
b0168752_2058241.jpg


みなとみらいだけが横浜ではありません。
と言うよりも、
みなとみらいは横浜ではありません、の方が正しいかな。

NIKON COOLPIX 3500
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-28 20:58 | NIKON COOLPIX 3500

秋の便り in 軽井沢

梅雨の戻りのようなハッキリしない天気が続きましたが、今日は久々の夏日。
モクモクと入道雲が現れて夕立もあり、ようやく夏本番です。
御代田町の竜神祭りに参加された方には、突然の夕立は災難でしたが…。

しかしそんな中、近所ではすでにこんな秋の風物詩を発見しました。
b0168752_20163887.jpg


栗の赤ちゃんです。
軽井沢ではようやく短い夏が本番を迎える頃、すでに秋の足音が聞こえてくるんですね…。
b0168752_2018566.jpg


アリさんもキリギリスが遊んでいるうちに、冬への備えを始めています。
b0168752_20192692.jpg

K10D+TAMRON-SP 500mm F/8 CF TELE MACRO
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-25 20:20 | TAMRON SP 500mm

クルーンのいない夜

さて、年に一度だけ長野にプロ野球がやってくるお祭りの日。
7/22、長野オリンピックスタジアムまでクルーン投手を見に行って参りました。
いえ正確には横浜vs巨人なんですが、私にとって勝負はどうでもよく、生クルーンがすべてです^^

初長野オリンピックスタジアム、雑感。
そこそこ古くて狭いですが、フェンスが低くフィールド内の選手との距離感が近い感じ。
こういうボールパークは好きです。野球の華、ホームランが出やすいのも魅力。
もともと球場としての専用設計ではないらしいですが、いい球場だと思います。
b0168752_22532354.jpg


試合前練習。遠投で調整中のクルーン。
古いコンデジの光学ズーム+電子ズームを併用して、目一杯のガブリ寄りなのでヒドイ写真^^

日本最速の162キロのストレートに、150キロのフォークボール。
恵まれた長身から投げ下ろす守護神ながら、行き先は球に聞いてくれの丁半バクチ投球。
小さくまとまった選手が多い今、これほど魅力のある選手は他にいません^^
b0168752_2315560.jpg


レーザービーム!
この日はムダに点を取った巨人打線のせいで、守護神の登板はナシ。
年に一度の機会に、ストッパーの活躍を見るのはかなり難しい。
接戦で勝っていなければならないし、9回の最後までいなければ投げるかどうかもわからない。

それにしても球団グッズ売り場のおじさん。
クルーンのレプリカユニホームがあるかどうか聞いた私に、「ラミレスならあるよ」って…。
外人なら誰でもいいってわけじゃありません(笑)。
b0168752_2343786.jpg


そうそう、ここから追加です!
試合前、主催者側のベイスターズの選手たちがポジションにつく時に、各々サインボールを
スタンドに投げ込んだのですが、うちの相棒が見事!ゲットしました。
吉村選手のもの。無欲の勝利でした。
b0168752_1984770.jpg

1~3 NIKON COOLPIX 3500
4 K10D+TAMRON-SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-24 23:14 | NIKON COOLPIX 3500

[速報] 部分日食 in 軽井沢

今世紀最大と言われ、マスコミも大いに踊った日食が終わりました。

ちなみに長野での日食スケジュールは以下の通りでした。
欠け始め 9:52
食の最大 11:09
欠け終わり 12:26
欠け率 60%

ここ軽井沢では朝から全般に曇り空。
欠け始め時刻の9:50過ぎに、やや雲の切れ目から日食グラスで観測ができました。
ただ撮影機材をセットし始めると、また空は雲一色に…。

諦めかけた欠け終わり時刻間近の12:20過ぎ。
再び薄い雲越しではあるものの、日食グラスで観測ができました。
慌ててお手製の撮影用フィルターをSP500にかぶせ、手持ちで撮ったのがコレです。
b0168752_1411082.jpg

雲越しで、しかも手持ちなのでクオリティは酷いものですが、食の様子はわかると思います。
コレは食の終わりの寸前、12:25近くだと思います。
次に軽井沢で部分日食が観測できるのは、2012年5月21日。
3年後にリベンジの機会があるのはありがたいです^^
b0168752_1453873.jpg

最後に今回使った観測セットをUPしておきましょう。
目視用にVIXEN製の日食グラス。透過率が極めて低く、太陽以外は何も見えません。
そして、アストロソーラー太陽フィルターシートをSP500のフード外周に合わせてカットし、
2個の工作用紙製リングに挟んで自作した太陽撮影用フィルターです。

KENKO製のND400程度のフィルターでは2枚重ね以上が必要になるため、こうした
透過率の低いシートで自作した方がベターです。
3年後にまた使い回します^^
b0168752_1411308.jpg

K10D+TAMRON-SP 500mm F/8 CF TELE MACRO
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-22 14:15 | TAMRON SP 500mm

Birthstones

さて、ようやくRAW現像が追いついてきました^^
この日はオアフ島の歴史を辿りに、休暇中の愛車マーキュリーで出かけました。
H2をノースショアに向かう途中で下車、WAHIAWAの町へ。
b0168752_21402380.jpg

まず観光客の訪れることのない、未舗装の赤土の道の先が目的地です。
小さなパネルにはハワイ語で「KUKANILOKO」の文字が。
いよいよBirthstones(出産石)です。
b0168752_21441351.jpg

二列に並べられた石が指し示す方角。
そこには何もない草原に、一箇所だけ木が密集して生えている不思議な場所があります。
西洋人が侵攻してくるもっと前の時代に、ハワイ王家の妊婦たちがここで出産をしたそうです。
その際には各集落の権力者が一堂に会し、王族の後継者の誕生を確かめ合ったとか。
b0168752_21512578.jpg


and more...
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-21 22:07 | PENTAX DA16-45mm ED

オアフ島散歩録 その4

さて、本日のオープニングはハワイならではの花を。
ご存知、ハイビスカスです。
このDA 55-300mm ED、ズームレンズなりになかなかいい描写をしてくれます。
ボケ味もなかなかで、もう少し寄れれば言うことありません。
b0168752_22475424.jpg

道路沿いの芝生に座り込み、行き交う車を眺めているマガモ(Mallard)のメスです。
オスは嘴が黄色で、繁殖期は頭が緑色になりますが、メスは地味なものです^^
ちなみにハワイのマガモは渡りをしない留鳥です。
b0168752_22521575.jpg

前回紹介したシリアカヒヨドリさん。
コレはピンが甘いですが、お尻だけが赤いのはよくわかります^^
b0168752_2254970.jpg


and more...
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-08 23:02 | PENTAX DA55-300mm ED

オアフ島散歩録 その3

まだまだ散歩は続きます^^ と言うか、実のところまだ歩き始めて数十分…。
まずは前回UPしたハワイオオバンの赤ちゃんだけのショットです。
b0168752_22595788.jpg

やや暗いのが残念ですが、シリアカヒヨドリ(Red Ventedbulbul)です。
黒く地味目に見えますが、お尻だけ赤いんです。
もう少しそれが強調されたカットがあればよかったのですが…。
日本でも石川県辺りで増殖中らしい。野鳥界のブラックバスとも呼ばれているとか…。
b0168752_234265.jpg

こちらはコウ(Kou)の木の花と果実。5~10メートルに達する常緑低木です。
ポリネシアンはこの木をとても大切にしてきたそうで、木目が美しく掘りやすい上に
不快臭がないのでボウルや食器に加工し、花はレイにしました。
b0168752_23103848.jpg


and more...
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-05 23:25 | PENTAX DA55-300mm ED

オアフ島散歩録 その2

さて、散歩を続けます。
ハワイは常夏の島と言われ、ものすごく年中暑いようなイメージがあります。
ですが、貿易風(Trade Wind)が吹いているおかげで蒸してはいません。
このような大木の木陰はホッとする涼しさ。朝晩は寒いほどです。

それにしてもハワイの木々は大きく枝を広げて、日差しを遮ってくれるものが多いです。
これもその土地の自然に生物が適応していく証左なのでしょうか。何とも奥が深い…。
b0168752_15443892.jpg

こちらはハワイで多く見られるコウカンチョウ(Red-Crested Cardinal)。
赤いトサカがトレードマークのいわゆる「カーディナル」です。
MLBのチームのマスコットにもなっていますね。
非常に人懐っこく、カメラを向けると向こうから寄ってきます^^
b0168752_1549170.jpg

お次は日本でもポピュラーなイエスズメ(House Sparrow)のメスです。
このように斜面や木々の幹に上手に止まります。
ハワイには1871年にニュージーランドから連れて来られたそうで、固有種ではありません。
世界で一番普及している種で、南極を除く全大陸に生息しているそうです。
b0168752_1553227.jpg


and more...
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-03 16:12 | PENTAX DA55-300mm ED

オアフ島散歩録

というわけで、RAW現像したものから少しずつUPしていきます。
とにかく膨大な量なので、カテゴリ別分類などする気はまったくナシ^^
日付順につらつらと撮ったものから選んでいくつもりです。
b0168752_2044306.jpg

滞在したホテルはゴルフコースに隣接していて、散歩するには絶好の立地条件。
なぜならこのゴルフコースの芝や池、樹木や花に鳥さんたちが集まるのです。

まずは私の一番好きなゴイサギさん(Black-Crowned Night-Heron)。
いつもボンヤリ見えるので、密かに「寝ぼけ鳥」と呼んでおります(笑)。
ややアンダーですが、風で髪が乱れている様子がかわいいので掲載^^
b0168752_20545216.jpg

お次はそのゴイサギさんと、何やら謎のMIX水鳥さんの2ショット。
(追記:どうやら謎のMIX水鳥ではなく、バリケン-Muscovy Duck-のようです。
南米産のノバリケンが家禽化したものらしく、それが逃げ出して野生化したのでしょう。)

今度はちょいとオーバー気味ですが、ゴイサギさんの赤目が素敵です^^
b0168752_22452135.jpg


and more...
[PR]
by cyril_2660 | 2009-07-01 23:12 | PENTAX DA16-45mm ED